ウーマン

ビジネスマナーを研修に取り入れるメリット

研修が見直されている

大勢の人

企業研修が行われるようになっているのはつい最近の事なのです。そして新人以外にもマネージャ層や、専門職層などに置ける研修が頻繁に行われるようになっています。また、講師も外部講師を招き入れるなどの特徴もあります。

今原点に戻る理由

女性たち

礼儀作法だけではない

ビジネスマナーの研修に注目が集まっています。今時代ではみな同じということはなく、人それぞれの価値観が多様化しています。しかし社会人ともなれば最低限のルールは必要となります。最近ではこの公私の区別がつきにくい人が増加している傾向になります。そのため新人研修を中心にビジネスマナーを題材として取り入れる企業が増加しているのです。また、ビジネスマナーに特化した研修プログラムを展開している企業もあります。ビジネスマナーはどの会社でも共通のプログラムとなります。専門の会社に講師を依頼するなどきちんとしたマナーを初期段階で身につけることが大事なポイントになります。ビジネスマナーを研修として取り入れる理由には、企業人として信頼されるビジネスパーソンになること、そして意味を把握して実践できる人が求められます。最低限のマナーとして相手に不快な思いをさせないことが求められるのです。またビジネスマナーは礼儀作法であると勘違いしているケースがあります。もちろん礼儀に関しても実践はされますが、報告、連絡、相談を使いながらの仕事の進め方や基本的なコミュニケーションを学ぶ機会でもあるのです。このあたりは人に聞きにくい部分になります。間違って解釈している人も少なくないのです。そのため教科書に載っていない現場でのマナーを学ぶためには絶好の機会ともいえるのです。もちろんビジネスマナーは新人に限ったことではありません。マネージャー新任研修などにも取り入れられています。

子育てと学術研究を両立

子供と保育士

大学内保育は事業所内保育の一種で、キャンパスの中に保育施設を設け、教職員や学生の子供を預かることをいいます。子育てと研究や学習の両立が図れることから、優秀な人材が集まりやすくなるというメリットがあります。

ビジネス研修の一つ

大勢の人

会社における研修制度の充実は最近顕著になっています。新人研修は昔から存在しましたが、管理職研修は最近行われるようになっています。管理職としての考え方やふるまい方を教わるのです。社会問題にもなっている事から重要視されています。